防犯に有効な家|防犯のためにグッズをそろえドアや設備の修理をしよう
積み木の家

防犯のためにグッズをそろえドアや設備の修理をしよう

防犯に有効な家

鍵

泥棒が侵入する手段として特に多いのが、ドアの戸締り漏れによる侵入および窓ガラスを破っての侵入といわれています。破られた窓ガラスは修理しなければならず、出費もかさみます。これは、一戸建てやアパートといった住居の違いによらない部分になっています。
ここで、泥棒に入られないためのポイントを見てみましょう。泥棒は、基本的に侵入に時間を要する家や、周囲から注目されやすいような家は避ける傾向にあるといわれています。逆に、泥棒が好みやすい家のパターンも存在します。どういったものか見ていきましょう。
まず、一戸建てについてです。塀が高い家については泥棒にとっても隠れ蓑になりやすいので注意が必要です。そして、何日か留守になった際にも注意が必要です。家を留守にする際の対策としては、ドアの施錠をしっかりすることはもちろん、留守を悟られないように、期間中は新聞やチラシの配達を停止してもらったりするといったものが挙げられます。停止ができない場合にも家の外からチラシ見えないような構造であれば問題ありませんが、郵便受けが壊れていたりする場合には修理しておきましょう。また、マンションに関しても同様に、留守と悟られないような対応をしておきましょう。オートロック式のマンションであれば安心できます。
そして大事なのは、防犯の意識を高めることです。仮にマンションの高層階であってもドアの施錠は行ないましょう。一戸建ての場合は、裏口のドアも同様に施錠します。また、郵便受けなどに鍵を隠す方もいらっしゃるかもしれませんが、極力控えるようにしたいところです。また、郵便受けそのものが壊れている場合は先ほどお伝えした通り修理し、それ以外でも庭で気になる部分は修理しておきましょう。対策をきっちりすることで安心して出かけたいですね。