泥棒の性質|防犯のためにグッズをそろえドアや設備の修理をしよう
積み木の家

防犯のためにグッズをそろえドアや設備の修理をしよう

泥棒の性質

キー

泥棒の性質を捉えることで、侵入されづらい家の構造を考えていき、防犯に繋げることが大事です。ドア一つをとっても、そこには防犯のヒントが隠されているかも知れません。まず、防犯のうえで重要な、泥棒の心理を表すデータを見てみましょう。それは、泥棒が侵入を諦める時間です。
基本的に、泥棒は住人が留守の間を狙って住居に侵入するという傾向が出ています。では、留守中であれば泥棒は何が何でも侵入を試みるかというとそうではなく、およそ5分以内に侵入できなければ、泥棒は諦める傾向にあるようです。正面のドアが開かなければ裏口のドアに侵入し、そのドアさえも開かなければ窓を破り、という行為をすると、5分というのはあっという間に過ぎていくでしょう。セキュリティを厳重にしたり、侵入経路の見通しを良くしたりすることで、いかに5分という時間を経過させるかが勝負になってくることでしょう。
もしもこれから家を建てるということであれば、土地選びから防犯を考えることができます。しかし、そうでない場合の方が多いでしょう。その場合は、防犯グッズなどを用いて防犯意識を高めましょう。また、屋内の設備や庭の設備が壊れている場合には修理を検討したほうが良いかも知れません。僅かなほころびが泥棒の侵入を許すことに繋がるかも知れないためです。しかし、設備の修理には相応の費用が発生するので、本当に修理必要かどうか見極め、場合によっては修理を見送っても良いでしょう。
泥棒の侵入を許さないために、泥棒の目線に立った防犯グッズ選びなどを行ない、よりセキュリティ万全な家庭を目指しましょう。