産廃処理の方法を知る|環境を考えた廃棄は粋

作業員

廃棄物の種類

ごみ

廃棄物は大きく分けて一般廃棄物と産業廃棄物に分けられます。それぞれに正しい廃棄の方法が法律で定められており、違反すると法律により罰せられます。さいたま市などにあるごみ業者に依頼して廃棄してもらうと良いでしょう。

View Detail

廃棄物の処理方法

工事

家庭や会社、お店、工場など様々な場所で発生するのが廃棄物です。廃棄物の処理方法は法律によって定められているので、正しい処理方法を知って適切に廃棄する必要があります。まず知っておきたいのが、廃棄物は大きく分けて一般廃棄物と産業廃棄物の2つがあるという点です。一般廃棄物とは、家庭から排出される生ごみや粗大ごみを指すことが多です。その他にも、産業廃棄物にカテゴライズされない廃棄物は一般廃棄物扱いとなります。産業廃棄物は、事業活動を行なう上で発生した廃棄物のことをいいます。ただし、事業活動の中で発生した廃棄物の全てが産業廃棄物になるわけではありません。飲食店で発生する生ごみや不要紙、紙コップや割り箸は一般廃棄物扱いとなります。しかし、割れた食器や天ぷら油、洗剤のプラスチック容器などは産業廃棄物扱いになります。各事業所で一般廃棄物と産業廃棄物を選別する必要がありますので、さいたま市などにある産廃処理の業者などを活用して選別を行いましょう。
産廃処理を行なう際に重要なのが、産業廃棄物の中にあるリサイクル資源を選別するということです。プラスチックやペットボトルなどは再利用することができ、エネルギー問題に貢献することができます。リサイクルできる資源を産業選別することによって、産業廃棄物の量が減り、廃棄にかかる費用を削減することができます。また、産業廃棄物以外でも震災地などのガレキも選別を行なう必要があります。大きいガレキと小さなガレキは処理の方法が違いますので、選別を行いましょう。人力で行なうと人件費が高くついてしまいますので、ガレキ選別機を導入すると良いでしょう。ガレキ選別機などを貸し出しているレンタルする業者などもありますので、このような業者を利用して産廃処理や選別を効率よく行いましょう。

資源を回収

重機

産業廃棄物の中には、再利用することができる資源があります。そのような資源を産業選別して、産業廃棄物の量を減らすことによって地球環境に貢献し、コスト削減を図ることができます。

View Detail

ガレキの選別

工事現場

ガレキは大きさによって処分方法が変わります。大きいガレキと小さいガレキを人力で選別していると、人件費がかかってしまいます。ガレキ選別機を導入すれば、コストを抑えながら精度の高い選別ができます。

View Detail